ボクシング女子日本代表決定戦・ボックスオフ:12月8日にCSテレ朝で生中継

日本ボクシング連盟(JABF)は、Tokyo 2020(東京五輪)アジア・オセアニア予選および世界最終予選に出場する女子日本代表を決定する「Box off」が、CSテレ朝チャンネル2で生中継されると発表。同大会は12月8日に東洋大学ボクシング場(東京都板橋区)で行われる。なお一般の方は会場へ入館できない。

リオデジャネイロ五輪の女子ライト級決勝
リオデジャネイロ五輪の女子ライト級決勝リオデジャネイロ五輪の女子ライト級決勝

東京五輪のボクシング競技は、男子が8階級(フライ級、フェザー級、ライト級、ウェルター級、ミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級、スーパーヘビー級)、女子が5階級(フライ級、フェザー級、ライト級、ウェルター級、ミドル級)で実施される。

東京五輪の出場権は、アジア・オセアニア予選(2020年2月、中国・武漢)か、世界最終予選(2020年5月、パリ)で出場枠を勝ち取った選手に与えられる。これらの大会での出場権獲得に失敗した階級では、開催国枠(男子4、女子2)をオリンピック予選の結果が良かった階級から順に当てはめる。

オリンピック予選に出場する選手は各階級1人ずつで、男子は全階級で全日本選手権(11月)の優勝者に出場権が与えられた。女子は全日本選手権優勝選手か、世界ボクシング選手権代表選手がオリンピック予選に出場権が与えるとしている。8日に開催されるボックスオフは、日本選手権優勝選手と世界ボクシング選手権代表選手が異なる女子3階級で実施される。

フライ級(48~51キロ)ボックスオフ出場者

  • 並木月海(自衛隊体育学校)世界選手権大会フライ級代表
  • 河野沙捺(有限会社 渡辺溶接所)全日本選手権大会フライ級優勝 

フェザー級(54~57キロ)ボックスオフ出場者

  • 入江聖奈(日本体育大学)世界選手権大会フェザー級代表
  • 晝田瑞希(自衛隊体育学校)全日本選手権大会フェザー級優勝 

ライト級(57~60キロ)ボックスオフ出場者

  • 釘宮智子(警視庁)世界選手権大会ライト級代表
  • 濱本紗也(日本大学)全日本選手権大会ライト級優勝

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!