陸上競技

ボストンマラソンは9月、ロンドンマラソンは10月に延期…新型コロナ感染拡大を受けて

ロンドンマラソン4回優勝のキプチョゲも「延期の決定を尊重」

文: 渡辺文重 ·

4月20日に開催を予定していたボストンマラソン(アメリカ合衆国マサチューセッツ州)は9月14日に、4月26日に開催予定のロンドンマラソン(イギリス)は10月4日に延期すると、各大会主催者が発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を考慮した結果だとしている。

大会2連覇中のエリウド・キプチョゲ

■第124回ボストンマラソンは9月14日に延期

米国マサチューセッツ州では10日、チャーリー・ベイカー州知事が非常事態を宣言。ボストン運動協会のトム・グリックCEOは、マーティン・ウォルシュ市長ほか州や市の政府関係者から指導があったと説明している。2018年に優勝した川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)は2020年大会にエントリーしていたものの、延期された大会へ出場できるかは「何とも言えません」としている。

■第40回ロンドンマラソンは10月4日に延期

今回の決定に関してイベントディレクターのヒュー・ブラッシャー氏は、「このニュースにより、非常に多くの人々が失望することを知っています」としながらも、「公衆衛生は誰にとっても優先事項」だと説明した。出場予定していた男子マラソン世界記録(2時間1分39秒)保持者、エリウド・キプチョゲ(ケニア)は自身のTwitter(ツイッター)アカウントを通じて「延期の決定を尊重する」とコメント。同大会を目標にしてきた数多くのランナーに対して「これまで費やした努力を誇りに思い、笑顔で次の目標を探し、ポジティブに走り続けましょう」とメッセージを送った。