【ボブスレー】EC男子2人乗り第2戦初日:日本勢は篠原凌・西田健修組の18位が最高

ISBF(国際ボブスレー・スケルトン連盟)ヨーロッパカップ・ボブスレー男子2人乗り第2戦がドイツ・アルテンベルグにて、現地時間12月5日に開催された。日本から出場の篠原凌・西田健修組は18位、佐々木達也・本間圭祐組は20位、髙橋功治・宍戸亮太組は28位だった。

「氷上のF1」と呼ばれるボブスレー
「氷上のF1」と呼ばれるボブスレー「氷上のF1」と呼ばれるボブスレー

優勝はドイツのリチャード・エルスナー&エリック・ストラウス組で、2回の合計タイムは1分50秒70。篠原・西田(国士舘大学)組は同1分53秒46だった。佐々木(PROUVE)本間(アキレス株式会社)組は1回のみの滑走で56秒61、髙橋(鈴与株式会社)宍戸(宮城県立角田支援学校教員)組も1回のみで1分02秒73だった。

6日もボブスレー男子2人乗りのレースを開催。7日は男子4人乗りのレースが行われる。

View this post on Instagram

Race tomorrow Europe cup 2man race2 #Altenberg 明日からアルテンベルグにあるコースで3日間レースです。 12/5 2man Race 12/6 2man Race 12/7 4man Race 今年の世界選手権の会場でもあるので、しっかりとした滑りをできるように集中していきます。 日本チームの応援をよろしくお願いします。 #bobsleigh #bobsled #japan #teamjapan #sport #wintersport #workout #training #sprint #power #strength #speed #CHRIO #ボブスレー #日本代表 #ワークアウト #トレーニング #筋肉 #筋トレ #スポーツ #ウィンタースポーツ #プッシュ #スプリント #パワー #ストレングス #クリオ

A post shared by Ryo Shinohara ボブスレー (@shinopaaaai) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!