マジョルカ指揮官モレノ、ホーム戦デビューの久保建英に賛辞「とても優れた選手」

久保建英にマジョルカ指揮官が賛辞
久保建英にマジョルカ指揮官が賛辞久保建英にマジョルカ指揮官が賛辞

現地時間13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節、マジョルカvsアスレティック・ビルバオは、0-0のスコアレスでフルタイムを迎えた。

この試合で久保建英は80分にPKを奪取。PKキッカーを務めたアブドン・プラッツは決めることができず、ホームでの勝利を逃したマジョルカ。試合後に指揮官ビセンテ・モレノ会見の場で、PKを奪取した久保について現地TVメディア『Gol』を通して次のように語った。

「タケはまだ18歳と若いし、落ち着いて見守るべきだと思っている。若いがとても優れた選手であり、やる気に満ちあふれている」

「能力があることは確かだ。おのずとその立ち位置は決まっていくものだろう。ただ、過度の期待は禁物だし、長い目で見守っていく必要がある」

敵地でのバレンシア戦に続き、リーガ出場2試合目も途中出場となった久保だが、PKを奪取するなどホームでのデビュー戦で、存在感を見せつける試合となったようだ。

マジョルカは次節、22日にヘタフェとアウェーで戦い、25日にはホームでアトレティコ・マドリーを迎え撃つ。ここまで2試合連続途中出場の久保だが、初の先発起用は次節あるのだろうか。指揮官モレノの采配が注目される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!