マラソンの神野大地、競泳の塩浦慎理がYouTubeチャンネルを開設

文: 渡辺文重 ·

2019年9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に出場、同年12月の第17回アジアマラソン選手権大会で優勝した神野大地が1月22日、YouTubeチャンネルを開設した。Tokyo 2020(東京五輪)競泳日本代表候補・塩浦慎理も、競泳の指導動画を公開している。

塩浦慎理のスイミング講座がスタート

塩浦慎理(イトマン東進)は17日、自身のSNSアカウントに「明日から始まるよ! #youtube」と投稿。18日に意気込みを語る動画を掲載すると、21日に「【クロールが速くなる!】競泳日本代表、塩浦慎理のスイミング講座① ウォーミングアップ3つの極意」と題した、競泳に関するハウツー動画を公開した。

塩浦は自身のTwitter(アカウント)で、動画への感想に返信する形で、「様々な情報を入手しやすい時代なので、持っているスキルやノウハウは出し惜しみせずにシェアしていくべき」。「東京五輪に向け競技を頑張ることはもちろん、競技以外の面でも自分を知ってもらう為の努力をするかしないかで人生の可能性は変わってくる」と、その意図を説明している。

塩浦は24日から東京辰巳国際水泳場で開催される「KOSUKE KITAJIMA CUP 2020」に出場する。

神野大地(セルソース)は22日にチャンネル開設を発表。同時に、今後の予定などを語る動画を公開した。

神野は現在ケニアで合宿中。3月1日に開催される東京マラソン2020に出場すると見られている。

アスリートによるYouTube動画投稿は、陸上競技・短距離種目の桐生祥秀(日本生命)、野球のダルビッシュ有(シカゴ・カブス)なども行っている。