2位に入り、今季3度目の表彰台に上がった堀島(左)
2位に入り、今季3度目の表彰台に上がった堀島(左)2位に入り、今季3度目の表彰台に上がった堀島(左)

秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で24日、『2019 FISフリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会』の2日目が行われた。

2日目はワールドカップ(W杯)の男女デュアルモーグル第8戦が行われた。

男子では堀島行真が2位に入り、今季3度目の表彰台に上がった。決勝で堀島に勝ったミカエル・キングズベリー(カナダ)は通算56勝目。同時に、8季連続のW杯種目別優勝を決めた。

3連勝を挙げたラフォン
3連勝を挙げたラフォン3連勝を挙げたラフォン

女子では冨高日向子が日本人選手最高の10位。優勝したペリーヌ・ラフォン(フランス)は連勝を3に伸ばし、通算9勝目を挙げた。

なお、デュアルモーグルは非五輪種目。

楽しめましたか?いいねまたは友達とシェアしよう!