フリースタイルスキー

【モーグル】堀島行真がW杯第3戦で3位表彰台…優勝は平昌五輪金のキングズベリー

堀島行真が3位表彰台

15日、フリースタイルスキーのワールドカップ、モーグルの第3戦が中国の張家口、太舞で行われた。

デュアルモーグル男子では、前日の第2戦で優勝した堀島行真(中京大)だったが、この日は3位表彰台となった。松田颯(スノーアミューズメント)は6位に終わっている。

第3戦を制したのは平昌オリンピックの金メダリストでもあるミカエル・キングズベリー(カナダ)で、今季2勝目をマークした。

女子は住吉輝紗良(日大)が4位入賞。冨高日向子(多摩大)が7位、星野純子(リステル)は14位だった。

優勝を果たしたのは平昌オリンピックの女王、ペリーヌ・ラフォン(フランス)で開幕から3連勝、W杯通算12勝目を挙げている。