【ラグビー】エディー・ジョーンズHCがサントリーのコンサルタント就任

サントリー加入が決まったエディー・ジョーンズ氏
サントリー加入が決まったエディー・ジョーンズ氏サントリー加入が決まったエディー・ジョーンズ氏

ジャパンラグビートップリーグのサントリーサンゴリアスは11月14日、現イングランド代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏が、来年2020年1月12日から開幕する新シーズンから追加スタッフとして加入することを発表した。同氏はディレクターオブラグビーとしてチーム強化のコンサルタント業務に携わる。

エディー氏は、2010年から2012年までサントリーサンゴリアスのヘッドコーチを務めていた。2012年から2015年までは日本代表を率い、2015年のワールドカップではプール戦敗退ながら強豪南アフリカ代表から勝利するなど3勝1敗の成績を残した。

2015年12月にはイングランド代表ヘッドコーチ(HC)に就任し、今年のワールドカップではイングランド代表を準優勝に導いた。2021年までイングランド代表HCとしての契約が残っており、2020年7月4日と11日にはイングランド代表のヘッドコーチとして日本代表と対戦する予定。

また、サントリーサンゴリアスはエディー・ジョーンズ氏ら追加加入スタッフとともに、元日本代表・真壁伸弥の現役引退とウィル・チャンバー、ジョシュア・スタンダーの2選手の新規加入も発表している。

エディー・ジョーンズ氏と真壁伸弥はチームの公式サイトを通じコメントを発表した。

エディー・ジョーンズ氏コメント

日本のラグビーファンの皆さん、ラグビーワールドカップ2019日本大会では、イングランド代表チームに全国各地で温かい声援、サポートありがとうございました。イングランド代表にとっても素晴らしい大会になりましたし、日本ラグビー界にとっても、大きなターニングポイントになりました。

この度、サントリーサンゴリアスのコンサルタントとして、ディレクターオブラグビーに就任することになりました。私の仕事は、強いサントリーを取り戻すとともに、ワールドカップでも活躍した各国のスター選手が多く参戦するトップリーグで、日本一を奪還することです。これからも今まで同様、サンゴリアスの飛躍に貢献したいと思っています。皆さん、応援よろしくお願いします。

真壁伸弥コメント

長い間、大変お世話になりました。シーズン開幕前というタイミングですが、現役を引退する決断をしました。"日本のラグビーをどうにかしないと"という元日本代表キャプテン(廣瀬俊朗)の言葉に惹かれ魂を燃やしてきました。今回のワールドカップを選手とは違う立場で関わり、今は未来へのチャレンジに対しての期待が大きく、ワールドカップイヤーで引退するというのは自分の人生ではとても良いタイミングだと思っています。今まで応援してくださった皆様には心から感謝しています。

そして、私の土台を作ってくれたサントリーには感謝の念しかありません。「サンゴリアス」のことは自分の家のように思っていますし、ここでチームの歴史の一部になれた事は生涯の誇りです。私の人生を潤してくれたラグビーとサントリー、そして家族に感謝しています。幸せでした。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!