ラグビーフットボール

ラグビートップリーグ、3月中の全試合開催休止|コンプライアンス違反により

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
ラグビー・トップリーグ3月の全試合中止が決定

3月9日、日本ラグビーフットボール協会は、3月中に開催予定だった、ジャパンラグビートップリーグ2020全24試合(3節分)を中止することを発表した。日野レッドドルフィンズ所属の選手が違法薬物使用容疑で逮捕されたことを受け、コンプライアンス教育を徹底して行うためとしている。

9日に中止が決まったのは、第9節(3/14,3/15)、第7節延期分(3/21,3/22)、第10節(3/28,3/29)の全24試合。開催中止となる節の代替試合は実施されない。ジャパンラグビートップリーグは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、第7節(2/29,3/1)、第8節(3/7,3/8)の開催を延期し、第9節からの再開を目指していた。

太田治チェアマンは同リーグ公式ホームページ上で、「日野レッドドルフィンズ所属の選手が違法薬物使用容疑で逮捕されたことについては誠に遺憾で、観客、関係者、日本全国のラグビーファンの皆様の期待を裏切る形となり申し訳ない」とコメント。また、2019年6月にトヨタ自動車の選手2人が麻薬取締法違反容疑で逮捕されており、「同年度内に複数のチームから違法薬物関連による逮捕者が出たことは、非常事態であると考える。信頼回復に向け真摯に取り組み、これまで以上に踏み込んだ対策が必要である」との考えを示し、今回のトップリーグ中止について説明した。

逮捕者が出た日野レッドドルフィンズは、今後の活動を無期限に自粛することを3月6日に決定した。これにより、3月14日に開催予定だった第9節以降、日野レッドドルフィンズの残り全試合が中止となっている。