【ラグビー】女子15人制日本代表、格上のイタリアと引き分け…男子の活躍が刺激に

ヨーロッパ遠征中の女子15人制ラグビー代表「サクラフィフティーン」は現地時間11月16日、イタリア・ラクイラのスタディオ・トンマーゾ・ファットーリでイタリア代表と対戦。17-17で引き分けた。日本代表は今後、スコットランドへと移動。24日に同国代表と試合をする予定だ。

南早紀キャプテン(写真は2016年5月の香港代表戦)
南早紀キャプテン(写真は2016年5月の香港代表戦)南早紀キャプテン(写真は2016年5月の香港代表戦)

日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は公式サイトに、レスリー・マッケンジー日本代表ヘッドコーチ(HC)のコメントを掲載。「私たちは5人初キャップとなる選手がおりましたが、全員とてもいいプレーをしました」と、佐藤優奈、小林花奈子、平山愛、大塚朱紗、谷口琴美について評価。さらに「女子日本代表の選手たちに控えめになる必要はないという気持ちを植え付けさせてくれました」と、男子日本代表「ブレイブブロッサムズ」のラグビーワールドカップ2019日本大会における活躍が刺激になったことを明かした。

イタリアとは過去2回対戦。W杯2002スペイン大会で3-30、W杯2017アイルランド大会で0-22と、2敗を喫している。日本の世界ランキングが16位に対し、イタリアは6位と格上だが、引き分けという結果を残せたことに、マッケンジーHCは手ごたえを感じたようだ。

なお、24日に対戦するスコットランドは同11位(11月6日時点)となっている。

女子日本代表(サクラフィフティーン)ヨーロッパ遠征参加メンバー

阿部 恵(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)

庵奥里愛(MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS)

江渕まこと(横河武蔵野アルテミ・スターズ/青山学院大学ラグビー部)

大塚朱紗(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)

葛西杏奈(自衛隊体育学校)

加藤幸子(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

北野和子(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)

小鍛冶 歩(Hanazono Hollyhocks)

小西想羅(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

小林 花奈子(日本体育大学ラグビー部女子)

齊藤聖奈(MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS)

櫻井綾乃(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

佐藤優奈(東京山九フェニックス)

鈴木彩香(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)

鈴木 実沙紀(東京山九フェニックス)

高野眞希(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

谷口琴美(MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS)

谷口令子(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)

玉井希絵(MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS)

津久井 萌(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

名倉ひなの(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

平野 恵里子(YOKOHAMA TKM)

平山 愛(自衛隊体育学校)

藤本 麻依子(YOKOHAMA TKM)

古田真菜(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA/立正大学ラグビー部)

細川恭子(日本体育大学ラグビー部女子)

南 早紀(横河武蔵野アルテミ・スターズ)

山本 実(MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS)

岸本彩華(東京山九フェニックス)※

野田夢乃(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA/立正大学ラグビー部)※

濱辺梨帆(YOKOHAMA TKM)※ 

三村亜生(YOKOHAMA TKM)※

※=バックアップメンバー

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!