ラグビーW杯:優勝候補相手に日本が金星…対戦国アイルランドや英国のメディアも日本に賛辞

日本のジャイアントキリングをアイルランド、英国メディアも大きく伝えた
日本のジャイアントキリングをアイルランド、英国メディアも大きく伝えた日本のジャイアントキリングをアイルランド、英国メディアも大きく伝えた

現在日本で2019ラグビー・ワールドカップが行われている。28日、日本は1次リーグA組の第2節で、優勝候補の一角アイルランドと激突。

序盤は格上のアイルランドに先行されたものの、9-12で折り返すと、後半は10-0と相手に付け入るスキを許さず19-12で日本は勝利を収めた。グループAにおいてバンド1のアイルランドは、バンド3の日本よりも圧倒的格上。日本は前大会でW杯2度優勝の強豪南アフリカを下しており、W杯2大会連続でアップセットを演じることになった。

アイルランドメディア『BALLS』は「アイルランドは日本からとてつもない衝撃を受けることになった」との見出しで、母国チームの黒星について次のように伝えている。

「日本19-12アイルランド。これは一体何が起こったのか? このような結末になるとは一体誰が予測できたのか?」

記事では「アイルランドは高い湿度の中で、疲弊したようにも見えた。ただ、そんな中でも日本は容赦なく、諦めることなく常にハードワークし続けた。そしてラグビーの世界において、日本が成し遂げた一つの勝利は何を意味するのか、それはSNSでの反応を見たら一目瞭然だ」と紹介し、ラグビー界著名人のSNSを紹介している。そのいずれもが日本の健闘を称えるものだった。

同じくアイルランドの『アイリッシュタイムズ』は「日本がラグビーの美しさをアイルランドに見せつけた」と伝え、日本の組織的なスタイルに賛辞を贈った。

そして「初戦でスコットランドに大勝(27-3)した記憶は、すでに遠い昔の記憶となった」と紹介。そしてアイルランドは第3節以降、ロシア、サモア相手にボーナスポイントを得たうえでの勝利が準々決勝進出には必須となると説いている。

イギリス『ガーディアン』は「日本はまたやった。たった2周間前まで世界ランク1位だったアイルランド相手に歴史的な勝利を収め、近くにある富士山を揺らす原因になった。日本は4年前にも南アフリカ相手にアップセットを演じた」と伝えている。

同時に「日本がグループリーグでもはや勝ち上がるのは時間の問題。スコットランドが日本と戦うとき(第5戦)には、日本は勝ち上がりを決めていて、逆にスコットランドは敗退が決定しているかもしれない」と紹介している。

強豪アイルランドに先行を許しながらもそこから修正して徐々に追い詰め、19-12で逆転勝利をマークした日本。日本は初の自国開催W杯で開幕から2連勝となったが、強豪アイルランドを撃破した“ジャイアントキリング”について、ラグビーの本場であるアイルランドや英国でもその衝撃の大きさは計り知れないようだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!