ラグビーW杯:南アが準々決勝・日本戦の登録メンバー発表、リオ五輪銅貢献のコルビが先発復帰

4年前の“ブライトンの奇跡”を過去のことだという南アのラッシー・イラスマス監督。20日の日本戦に自信
4年前の“ブライトンの奇跡”を過去のことだという南アのラッシー・イラスマス監督。20日の日本戦に自信4年前の“ブライトンの奇跡”を過去のことだという南アのラッシー・イラスマス監督。20日の日本戦に自信

10月17日、ラグビーワールカップの準々決勝に向け、南アフリカが日本戦の登録メンバーを発表した。リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビー銅メダル獲得時のメンバーでもあるWTBチェスリン・コルビがケガから復帰し、日本を迎え撃つ。

同20日、東京スタジアムで行われる準々決勝・日本戦に向けて、南アフリカは1次リーグでの危機脱出の一戦となったイタリア戦のメンバーを投入する。

世界最強ニュージーランドと同組だった南アは、10月4日のイタリア戦に負ければ1次リーグ敗退の危機にあった。この一戦に勝利し、決勝トーナメント入りにつなげたメンバーが日本と戦う。

同イタリア戦でのケガで戦列を離れていたWTBチェスリン・コルビが復帰する。7人制ラグビーではリオ五輪での銅メダル獲得に貢献しており、その俊足は日本にとって脅威となる。

さらに南アの中軸といえるフッカーのマルコム・マークスらなど、強力なフォワード陣をあえてベンチに下げて温存し、後半戦を力で押し切る構成だ。

南ア代表は、日本の戦術や特徴に合わせた作戦を匂わせており、同国代表監督ラッシー・イラスマスも「日本代表は訓練が行き届いたグッドチームで、世界7位にふさわしいし、その日本と対戦する我々にとっても良い挑戦になる。だが、その上を行くのは我々だよ」と述べている。

日本戦の南アの登録メンバーは以下の通り

<先発>

 1. テンダイ・ムタワリラ

 2. ムボンゲニ・ムボナンビ

 3. フランス・マルヘルベ

 4. エベン・エツベス

 5. ルード・デヤハー

 6. シヤ・コリシ(キャプテン)

 7. ピーターステフ・デュトイ

 8. ドゥエイン・フェルミューレン

 9. ファフ・デクラーク

10. ハンドレ・ポラード

11. マカゾレ・マピンピ

12. ダミアン・デアレンデ

13. ルカニョ・アム

14. チェスリン・コルビ

15. ウィリー・ルルー

<リザーブ(控え)>

16. マルコム・マークス

17. スティーブン・キツホフ

18. ビンセント・コッホ

19. RG・スナイマン

20. フランコ・モスタート

21. フランソワ・ロー

22. ハーシェル・ヤンチース

23. フランス・ステイン

南アフリカ(世界ランク5位):B組2位、勝ち点15 [3勝1敗]

愛称:スプリングボクス(Springboks)

スタイル:世界でも指折りの強靭なフィジカルを持ち、狭いエリアでの肉弾戦を得意とする。

もともと強豪国であったが、アパルトヘイトにより国際舞台から追放されたため、1987年と1991年大会は出場していない。W杯初出場となった1995年大会でいきなり優勝を果たすと、2007年大会も制覇。前回大会では初戦で日本に敗れるも、その後立て直して3位で大会を終えた。

過去のワールドカップ成績

  • 1987年 - 不参加
  • 1991年 - 不参加
  • 1995年 - 優勝
  • 1999年 - 3位
  • 2003年 - ベスト8
  • 2007年 - 優勝
  • 2011年 - ベスト8
  • 2015年 - 3位

注目選手:エルトン・ヤンチース(フライハーフ)

2016年のスーパーラグビー南アフリカ・カンファレンス最優秀選手。W杯は今大会が初出場ながら、南アフリカの攻撃をつかさどる中心選手であり、プール戦では全選手の中で3位となる28得点を奪っている。2016年から2018年までは日本のトップリーグに所属するNTTコミュニケーションズシャイニングアークスでプレーしていた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!