ラグビーW杯2021日程発表、サクラフィフティーンは3月のアジア最終予選に臨む

ラグビーユニオンの国際競技連盟「ワールドラグビー」は2月4日、ラグビーワールドカップ(RWC/女子)2021ニュージーランドの日程およびロゴを発表した。9月18日に開幕、決勝は10月16日に行われる。サクラフィフティーン(日本代表)は、3月のRWCアジア最終予選に臨む。

RWC2017、アイルランド代表戦に臨む女子15人制ラグビー日本代表
RWC2017、アイルランド代表戦に臨む女子15人制ラグビー日本代表RWC2017、アイルランド代表戦に臨む女子15人制ラグビー日本代表

香港で開催されるRWC2021アジア最終予選は、日本・香港・カザフスタンの3チームによる1回戦総当たりで行われ、優勝チームがRWC2021出場権を獲得。準優勝チームは、2020年内に開催される敗者復活戦へと回る。

■RWC2021アジア最終予選・サクラフィフティーン試合日程

  • 3月14日 香港vs.カザフスタン
  • 3月18日 カザフスタンvs.日本
  • 3月22日 香港vs.日本

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により延期。詳しくは→サクラフィフティーン出場、W杯アジア最終予選が延期…新型コロナ影響

ラグビーワールドカップ2021公式サイト

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!