レスリング男子代表、東京でハードなトレーニングを開始 「へとへとになるまで絞る」

東京五輪でどの階級を選ぶのかに注目がかかる太田
東京五輪でどの階級を選ぶのかに注目がかかる太田東京五輪でどの階級を選ぶのかに注目がかかる太田

8月26日、レスリングの男子グレコローマン全日本チームが東京都・味の素トレーニングセンターで合宿を開始した。今合宿は9月14日からカザフスタン・ヌルスルタンで開催される世界選手権に向けて行われた。

8月上旬に行われた草津合宿では、意図的に厳しいトレーニング内容で選手を追い込み、肉体とメンタルを鍛えた。その後の練習は、トレーニングの強弱を付けるために抑えて今回の合宿を迎えたという。

松本慎吾強化委員長は「(練習セーブの時期を過ごし)疲れも和らいだと思う。9月2日までのこの合宿で再び追い込む。体力のキープと、試合に近いマットワークをしっかりやりたい」とコメントした。

合宿には非オリンピック階級である63kg級に出場する太田忍も参加。その太田は「この合宿で絞れるまで絞って、へとへとになって、そのあとしっかり調整して臨みたい」と語った。また、「強い選手がいた方が、チャンピオンになった時に高い評価を受けられるでしょう」と世界選手権に対する思いも述べた。

太田はさらに上の階級である67kg級でのTokyo2020(東京五輪)出場も視野に入れ、63kg級制覇を狙う。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!