【レスリング】アジア選手権2日目・結果|東京五輪内定の文田健一郎が優勝!

東京五輪代表の文田健一郎が3年ぶりに優勝した(写真は2019年全日本選手権)
東京五輪代表の文田健一郎が3年ぶりに優勝した(写真は2019年全日本選手権)東京五輪代表の文田健一郎が3年ぶりに優勝した(写真は2019年全日本選手権)

現地時間の2月18日、インドのニューデリーで『アジア選手権』が開幕した。この日は、男子グレコローマンの60、67、72、82、97kg級の5階級が行われた。同種目60キロ級Tokyo2020(東京五輪)代表の文田健一郎(ミキハウス)が3年ぶりの優勝を果たした。

60キロ級の文田健一郎は、シード選手として準々決勝から出場。初戦でインドの選手を、続く準決勝でもウズベキスタンの選手を9-0で破って決勝進出を決めた。決勝でも、キルギスのゾラマン・シャルシェンべコフを4-0の無失点で勝利し、強さを見せつけた。

五輪代表の文田健一郎選手のことを知ろう!⇒【代表争いに秘められたストーリー】太田忍と文田健一郎:なぜ世代がかぶってしまったのか

67キロ級では、下山田培(警視庁)が予選から出場し、エジプトン選手に4-0の快勝。準々決勝で韓国の選手に敗れ、敗者復活戦に回り、銅メダルを巡ってイランの選手と対戦した。試合は、3-5で敗れ、5位に終わった。72キロ級でも、日下尚(日体大)が5位。準々決勝から出場し、カザフスタンの選手に1-8で敗れた。敗者復活戦でも、インドの選手に0-8で敗れ、メダルには届かなかった。

82キロの向井識起(自衛隊)は、予選リーグでインド、イラン、カザフスタンの3選手と対戦し、3戦全敗に終わった。97キロ級の奈良勇太(警視庁)は、予選でタジキスタンの選手に9-0の快勝。準々決勝では、キルギスの選手に4-7で敗れ、敗退した。

翌2月20日は、女子の50、55、59、68、76kg級が行われる。

出場選手一覧

【男子グレコローマン】

55kg級 片桐大夢(拓大)

60kg級 文田健一郎(ミキハウス)

63kg級 山田義起(日体大)

67kg級 下山田培(警視庁)

72kg級 日下 尚(日体大)

77kg級 櫻庭功大(自衛隊)

82kg級 向井識起(自衛隊)

87kg級 鶴田峻大(自衛隊)

97kg級 奈良勇太(警視庁)

130kg級 園田 新(ALSOK)

【女子】

50kg級 五十嵐未帆(明光ネットワークジャパン)

53kg級 向田真優(至学館大)

55kg級 東川加奈(至学館大)

57kg級 川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)

59kg級 今 佑海(鹿児島県体協)

62kg級 川井友香子(至学館大)

65kg級 類家直美(至学館大)

68kg級 松雪成葉(至学館大)

72kg級 進藤芽伊(日体大)

76kg級 皆川博恵(クリナップ)

【男子フリースタイル】

57kg級 高橋侑希(ALSOK)

61kg級 榊 流斗(山梨学院大)

65kg級 乙黒拓斗(山梨学院大)

70kg級 原口 伸(国士舘大)

74kg級 高谷大地(自衛隊)

79kg級 奥井真吉(国士舘大)

86kg級 山田修太郎(山梨学院大)

92kg級 大津拓馬(山梨学院大)

97kg級 園田 平(自衛隊)

125kg級 田中哲矢(自衛隊)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!