【レスリング】レスリング天皇杯全日本選手権・2日目|男子グレコローマン72キロ級の日下尚が史上最年少優勝!

大会4連覇を果たした奈良勇太は、東京五輪アジア予選への出場権を手にした(写真は全日本選抜選手権)
大会4連覇を果たした奈良勇太は、東京五輪アジア予選への出場権を手にした(写真は全日本選抜選手権)大会4連覇を果たした奈良勇太は、東京五輪アジア予選への出場権を手にした(写真は全日本選抜選手権)

12月20日、2019年天皇杯全日本選手権の2日目が行われた。前日の19日に東京・駒沢体育館で開幕した今大会、この日は前日に引き続き、各階級で決勝が行われた。

Tokyo 2020(東京五輪)階級の男子グレコローマン97キロ級の奈良勇太(警視庁)と男子フリースタイル97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)の世界選手権出場組が優勝。男子フリースタイル125キロ級の田中哲矢(自衛隊)も大会を優勝し、この3選手が中国で行われる3月末の東京五輪アジア予選への出場権を手にした。

男子グレコローマンの55キロ級では片桐大夢(拓大)、同60キロ級の鈴木絢大(日体大)、そして同72キロ級は日下尚(日体大)と、それぞれ大学勢が優勝した。同82キロ級では、向井識起が川村洋史との自衛隊対決を制し、優勝した。72キロ級の日下は、19歳22日で1975年以来に記録を更新し、グレコローマン最年少優勝を果たした。

男子フリースタイル61キロ級では、同じく19歳の榊流斗(山梨学院大)が優勝した。同70キロ級では、原口伸(国士舘大)が優勝し、大学勢の強さが目立った。

女子59キロ級では、屶網さら(至学館大)が、世界選手権代表の稲垣柚香(愛知・至学館高)を破って初優勝。同55キロ級の東川加奈(至学館大)、同65キロ級の類家直美(至学館大)、そして76キロ級の松雪泰葉(至学館大)と、至学館大の4選手が優勝し、この日の金メダルを独占した。

また、男子フリースタイルの79、86、92キロ級、男子グレコローマンの63、87、130キロ級、女子53、57、62、72キロ級がそれぞれ準決勝まで行われた。決勝は、翌12月21日に行われる。

【レスリング天皇杯全日本選手権のみどころ】プレビュー:2020年へのラストチャンス…出場枠獲得の乙黒拓斗、奥井眞生、土性沙羅は東京五輪行きなるか!?

View this post on Instagram

Start today‼︎ All Japan National Championships, AKA Emperor Cup! Get in free! いよいよ本日開幕。天皇杯全日本レスリング選手権!入場無料 2019年12月19日(木)~22日(日)に東京・駒沢体育館で行われる天皇杯全日本選手権のエントリー選手、各階級の日程、テレビ放送およびネット配信については日本協会公式サイトへ。 https://www.japan-wrestling.jp/ Japan‘s national championships “Emperor cup” will be held in Tokyo, December 19 to 22. Rei HIGUCHI, the silver medalist of Rio Games is listed on FS57kg, expected to meet 2017 World Champion Yuuki TAKAHASHI. GR63kg World champion Shinobu OTA, is also the silver medalist of Rio Games, went on GR67kg, aiming his 2nd Olympic. In Women’s wrestling 50kg, which japan hasn’t qualified to Olympic yet, is exciting also. Yuki IRIE, Yui SUSAKI and Rio Games gold medalist Eri TOSAKA will meet again. OTOGURO, OKUI and DOSHO, who won 5th place at Nur-Sultan, will get ticket to OLYMPIC if they win this tournament. If not, they will have wrestle-off later. Winners of the weights which haven’t qualified, WW50- FS57-86-97-125 - GR67-77-87-97-130, will go to Asian and final Qualifiers. The Entry list is below. (Japanese) 男子グレコローマン164選手、男子フリースタイル175選手、女子85選手の合計424選手が参加する。  東京オリンピックの日本代表選考会を兼ねており、9月の世界選手権で代表枠を取れなかった階級は、この大会の優勝選手が来年3月のアジア予選(中国)の出場権を得る。世界選手権でメダルを獲得してオリンピック代表に内定した男子グレコローマン1選手、女子4選手はエントリーしなかった。リオ五輪フリースタイル57kg級銀メダルで今年の明治杯は65kg級で優勝している樋口黎(日体大助手)が57kg級にエントリー。またグレコローマン63kg級で現世界王者の太田忍(ALSOK)は67kg 級にエントリーした。9月の世界選手権でオリンピック出場枠を獲得したフリースタイル65kg級の乙黒拓斗(山梨学院大学)、74kg級の奥井眞生 (自衛隊)、女子68kg級の土性沙羅(東新住建)は優勝すればオリンピック代表に内定する。

A post shared by Japan Wrestling Fed. 🇯🇵🤼‍♂️ (@japanwrestling) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!