レスリング

【レスリング】全日本選手権3日目、リオ金の登坂絵莉が準決勝敗退…東京五輪出場を逃す

登坂絵莉、敗退が決まり肩を落とす

21日、東京オリンピックの代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権、3日目が東京・駒沢体育館で各階級が行われた。

女子50キロ級では2016年リオデジャネイロオリンピックで48kg級金メダルの登坂絵莉(東新住建)が、準決勝で昨年の世界選手権を制した須崎優衣(早大)に敗れ、東京五輪出場が消滅した。須崎は22日、入江ゆき(自衛隊)との決勝に挑む。

男子フリースタイル65kg級では、2018年の世界王者、乙黒拓斗(山梨学院大)が決勝に駒を進めた。22日の決勝で優勝すれば、五輪代表の切符を手にすることになる。

その他、有力と見られていたリオ五輪の金メダリスト、女子68kg級の土性沙羅(東新住建)は準決勝で森川美和(日体大)に敗れ、今大会の優勝者と来年2月1日にプレーオフを戦うことになった。

男子フリースタイル57kg級では2017年世界選手権覇者、高橋侑希(ALSOK)と、リオ五輪銀メダルの樋口黎(日体大助手)が決勝進出を果たしている。

男子グレコローマンスタイル67kg級で、リオ五輪銀の太田忍(ALSOK)はまさかの初戦敗退を喫している。