ローザンヌ2020クロスカントリースキー:必須情報

1月のユースオリンピックで実施されるクロスカントリースキー各種目と競技日程。

身体機能の限界に挑戦するスポーツと言っていいクロスカントリースキー。優れた持久力が求められるこの競技は、1月の冬季ユースオリンピックでも実施される。

ローザンヌ2020に出場する選手たちが目標とするのは、キム・マグナスヨハンナ・ハグストロームだろう。

マグナスはリレハンメル2016ユースオリンピック冬季競技大会で金メダル2個と銀メダル1個を獲得。ハグストロームも金と銀を手にしている。

ローザンヌ2020開幕に先立ち、Olympic Channelがクロスカントリースキーの各種目についての情報をまとめた。

ユースオリンピックのクロスカントリースキーを観戦する方法

Olympic Channelは延べ13日間、計300時間にわたり、ローザンヌ2020ユースオリンピックの熱戦をストリーミング配信する。olympicchannel.comYouTubeの冬季ユースオリンピック専門チャンネルを始め、Amazon FireApple TVAndroid TVRokuなどのデバイスでも視聴できる。

その他にもニュースやハイライト、注目の話題、インタラクティブなインタビューなどを毎日お届けするライブショーも、FacebookTwitterolympicchannel.comで配信。さらにオリンピックと縁の深いアスリートなどにインタビューしたOlympic Channelポッドキャスト も毎日お届けする。

今大会についての情報はOlympic ChannelのFacebookTwitterInstagramYouTubeでも発信。ストリーミング配信の詳細を含む大会の競技日程はこちらで確認できる

クロスカントリースキーの競技会場と日程

ローザンヌ2020のクロスカントリースキーは1月18日~22日にジュラのバレ・ド・ジューで行われる(日程の詳細は末尾に記載)

ローザンヌ2020での実施種目

会場のバレ・ド・ジューで実施されるクロスカントリースキー競技は、女子および男子スプリントフリー、女子5kmおよび男子10kmクラシカル、女子および男子クロスカントリースキークロスフリーノルディック混合団体NH 4x3.3kmの4種目。

クラシカルは選手が10~30秒間隔でスタートするインターバルスタートを採用。タイムの最も早い選手が勝者となる。

スプリントではインターバルスタートの予選ラウンドを行い、上位30名が一斉スタートの本戦へ進む。

準々決勝では5レースの上位2名に加え、各レース3位以下で最もタイムの早かった選手2名が準決勝へ進出。準決勝では6人ずつに分かれて2レースを行い、そのうち6人が決勝へ勝ち上がる。決勝では最も早くゴールした選手が勝者となる。

クロスフリーでは、ジャンプやターンの技術も必要になってくる。競技形式はスプリントと同様だ。

予選ラウンドの勝者は、それぞれ10選手で戦う準決勝の3レースに出場。決勝も10人での争いになる。

ノルディック混合団体NH 4x3.3の競技ルールとは?

同じ国と地域の6選手でチームを構成。その内訳はクロスカントリースキースキージャンプノルディックスキー・コンバインドで男女各1人ずつとなる。

ノルディックスキー・コンバインドの選手は、スキージャンプとクロスカントリースキーの両方に出場する。

常にスキージャンプを先に実施。チームの得点をタイム差に換算し、続いて行うクロスカントリースキー4x3.3kmリレーのスタート順を決める。

ローザンヌ2020クロスカントリースキー競技日程

1月18日(土)

11:00 - 14:15 - 女子/男子クロスカントリークロスフリー

1月19日(日)

12:00 - 15:30 - 女子/男子スプリントフリー

1月21日(火)

11:00 - 12:00 - 女子5kmクラシカル

13:00 - 14:15 - 男子10kmクラシカル

1月22日(水)

10:00 - 14:30 - ノルディック混合団体NH 4x3.3km

(10:00 - 11:00 - スキージャンプNH、13:30 - 14:30 - クロスカントリースキー4x3.3km)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!