三菱電機レディスゴルフトーナメント:鈴木愛が初日から首位守り今季5勝目

今季国内女子最多の5勝目を挙げ、賞金ランクも3位に浮上した鈴木愛
今季国内女子最多の5勝目を挙げ、賞金ランクも3位に浮上した鈴木愛今季国内女子最多の5勝目を挙げ、賞金ランクも3位に浮上した鈴木愛

11月3日、女子ゴルフLPGA国内ツアー「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」の最終日が埼玉県の武蔵丘ゴルフコース(6585ヤード/パー72)で行われ、鈴木愛が優勝した。

初日から首位に立った鈴木は2日目も首位で終え、最終日は5バーディ、1ボギーの「68」の通算14アンダーでフィニッシュ。9月の「ニトリレディスゴルフトーナメント」に続いて今季LPGA最多の5勝目となり、優勝賞金1440万円を獲得した。4年連続で獲得賞金額1億円を越え、賞金ランキング3位に浮上。賞金女王、さらには東京オリンピック出場への道も再び見えてきた。

2位は通算13アンダーの現・賞金女王の申ジエで、獲得賞金総額は1億3269万円を超えた。賞金ランク3位で追う鈴木、さらに台湾での米ツアー参戦中の現賞金ランク2位の渋野日向子も加えた女王争いはさらに熾烈な状況となった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!