フィギュアスケート

世界フィギュアスケート国別対抗戦、男子SP宇野昌麿は3位...日本は2位発進

宇野昌磨(手前)の演技中に声援を送る日本チーム/時事

11日に福岡市で開幕したISU世界フィギュアスケート国別対抗戦で男子ショートプログラムが行われ、日本の宇野昌麿は92.78点で3位となった。

田中刑事は89.05点で4位。首位はネーサン・チェンで101.95点、2位ビンセント・ゾウで100.51点と、アメリカの両選手がいずれも100得点を超えた。

アイスダンス、女子SP、男子SPのプログラムを終え、48ポイントを集めた日本は初日2位でスタートした。1位には50ポイントのアメリカ、3位には38ポイントのロシアがつけている。

4月12日(金)のスケジュール

16:00 ペア・ショートプログラム

17:25 アイスダンス(フリーダンス)

19:00 男子フリースケーティング