世界リレー2019横浜大会が5月11-12日に開催、世界陸上そして東京オリンピック出場権を懸けた争いがスタート

今年秋にカタールのドーハで行われる世界陸上に向け、徐々に熱が高まっている陸上界。5月11‐12日には、一足早くリレー世界一を決める「IAAF世界リレー2019横浜大会」が横浜市の横浜国際総合競技場で開催される。2016年リオ五輪の男子4×100mリレーで銀メダルを獲得した日本男子にとっては、2020年東京五輪での2大会連続メダルへ向けた出場権獲得争いがいよいよスタートすることになる。

リオ五輪の男子4x100mで日本は銀メダルを獲得した
リオ五輪の男子4x100mで日本は銀メダルを獲得したリオ五輪の男子4x100mで日本は銀メダルを獲得した

IAAF世界リレーは、2014年に新設されたリレー種目だけの世界大会だ。第1回はバハマのナッソーで行われ、2015年からは2年おきの開催となった。過去3大会はいずれもバハマのナッソーが開催都市だったが、第4回となる2019年大会は横浜の横浜国際総合競技場で行われる。

今回の実施種目は9種目。オリンピックや世界陸上の正式種目である4×100mリレーと4×400mリレーに加え、主要国際大会では実施されない4×200mリレーやシャトルハードルリレーも行われる。

男女4×100mリレー、男女4×400mリレーの各種目上位10か国、混合4×400mリレーの上位12か国には、世界陸上の出場権が与えられる。世界陸上の上位8か国には、2020年東京五輪の出場権が与えられるため、東京五輪出場権獲得のためにも今大会で好成績を残したいところだ。

注目の男子4×100mリレー日本代表には以下のメンバーがエントリー。

山縣亮太(セイコー)
桐生祥秀(日本生命)
小池祐貴(住友電工)
白石黄良々(セレスポ)
多田修平(住友電工)
宮本大輔(東洋大学)

山縣と桐生は2016年リオ五輪で銀メダルを獲得した際のメンバー。桐生は先日のアジア陸上で日本人初の男子100m優勝を果たしているだけに、最高の状態でこの大会に臨むことになるだろう。2017年世界陸上で優勝しているイギリスやリオ五輪金メダルのジャマイカを相手に、日本がどこまで戦えるか注目したい。

2019年大会実施9種目

男子4×100mリレー
女子4×100mリレー

男子4×200mリレー
女子4×200mリレー

男子4×400mリレー
女子4×400mリレー
混合4×400mリレー

混合シャトルハードルリレー
混合2×2×400mリレー

放送予定

5月11日(土)

TBS系列 20:50 - 21:54
BS-TBS 19:00 - 20:50

5月12日(日)
TBS系列 18:30 - 21:00

楽しめましたか?いいねまたは友達とシェアしよう!