【世界体操】種目別決勝・後半:萱和磨が平行棒で銅メダル…橋本大輝は鉄棒4位に

FIG(国際体操連盟)第49回世界体操競技選手権は現地時間10月13日、男女の種目別決勝(後半)を開催した。日本からは、平行棒に萱和磨(セントラルスポーツ)、鉄棒に橋本大輝(市立船橋高校)が出場。萱は銅メダルを獲得、橋本は4位(14.233)だった。

平行棒で銅に輝いた萱和磨
平行棒で銅に輝いた萱和磨平行棒で銅に輝いた萱和磨

ドイツ・シュトゥットガルトで開催されている世界体操は最終日(10日目)を迎え、予選を勝ち抜いた上位8選手(各国2枠まで)による種目別決勝の後半が行われた。男子は、跳馬・平行棒・鉄棒の3種目を実施。各種目の上位3選手は以下の通りとなった。

男子種目別:跳馬

  1. ニキータ・ナゴルニー(ロシア)14.966
  2. アルトゥール・ダラロヤン(ロシア)14.933
  3. イゴール・ラジビロフ(ウクライナ)14.749

男子種目別:平行棒

  1. ジョー・フレーザー(イギリス)15.000
  2. アフメット・オンダー(トルコ)14.983
  3. 萱 和磨(日本)14.966

男子種目別:鉄棒

  1. アルトゥール・マリアーノ(ブラジル)14.900
  2. テン・スルビッチ(クロアチア)14.666
  3. アルトゥール・ダラロヤン(ロシア)14.533

女子は、平均台とゆかを実施。日本からの出場はなかった。各種目の上位3選手は以下の通り。

女子種目別:平均台

  1. シモーン・バイルズ(アメリカ合衆国)15.066
  2. リュウ・ティンティン(中国)14.433
  3. リー・シィージア(中国)14.300

女子種目別:ゆか

  1. シモーン・バイルズ(アメリカ合衆国)15.133
  2. スニーサ・リー(アメリカ合衆国)14.133
  3. アンジェリーナ・メルニコワ(ロシア)14.066

シモーン・バイルズは、女子団体・個人総合・跳馬(種目別)を含め、今大会5冠に輝いている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!