世界水泳・福岡は2022年5月開催に…2021年夏予定も東京五輪延期で変更

文: 渡辺文重 ·

国際水泳連盟(FINA)は5月4日、2021年に予定されていた世界水泳選手権を、2022年5月13日から29日にかけて開催すると発表した。会場は当初の予定通り福岡となる。FINAは日本水泳連盟(JASF)、福岡市、TV局、スポンサーなどとの協議を経た結果だと説明している。

次の世界水泳は2022年に福岡で開催される

世界水泳・福岡大会は当初、2021年7月16日から8月1日の開催を予定していたものの、Tokyo 2020(東京五輪)が1年程度延期となったことを受け、日程の変更が協議されていた。

FINAのフリオ・セザール・マグリオーネ会長は「全ての参加者に最高の環境を提供できると確信しています。2022年には福岡の街で、世界トップレベルのアスリートたちが競い合う姿を目の当たりにできることを楽しみにしています。前例のない、不確実な情勢下にありますが、FINAが世界水泳・福岡大会の日程を発表したことで、皆さんの計画が明確になることを期待しています」とコメントしている。

またFINA世界マスターズ選手権は、2022年5月31日から6月9日まで九州全域で開催される。

参考:FINA世界マスターズ水泳選手権とは(世界水泳・福岡)