世界水泳・競泳2日目:小関・大本・大橋は表彰台ならず。女子個人メドレーメダリストは闘病中の池江へエール

失格を告げられた大橋の目には涙
失格を告げられた大橋の目には涙失格を告げられた大橋の目には涙

22日、韓国・光洲で開催中の水泳の世界選手権で競泳の各種決勝戦が行われ、男子100m平泳ぎに小関也朱篤、女子200m個人メドレー決勝に大本里佳と大橋悠依が出場した。 

男子100m平泳ぎの小関也朱篤は58.93秒で前回同様の4位。惜しくも表彰台を逃した。イギリスのアダムピーティーが57.14秒を記録し金メダルに輝いた。

女子200m個人メドレーでは、大本が2分9秒32で5位。大橋は背泳ぎから平泳ぎに移る際のキックが違反となり、失格の結果に終わった。

金メダルは2分7秒53のカティンカ・ホッスー(ハンガリー)。表彰台では他のメダリストともに「Rikako」「Ikee」「Never Give Up」(池江璃花子選手、諦めないで)と手に書いたメッセージを披露し、白血病の治療中の池江へエールを送った。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!