競泳

世界水泳・韓国大会2日目:男子シンクロ3m飛板飛込の寺内/坂井ペアが予選2位で五輪代表1号に王手

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
東京五輪の採用種目でもある男子シンクロ3m飛板飛込。寺内健/坂井丞ペアは予選2位で通過した(写真は予選8位のアメリカ代表)

世界水泳選手権は7月13日、韓国・光州(クァンジュ)で2日目が行われ、男子シンクロダイビング3メートル飛板飛込予選で寺内健/坂井丞ペアが2位で決勝に進み、東京五輪代表1号に近づいた。

寺内と坂井のペアは、予選25組中11組目として、規定通りの技で競う前半の試技に入った。1本目は48.00点、2本目は43.80点、3本目は71.10点の合計162.90点で、8位のスコアだった。

飛び込む技が自由選択となる後半の試技では、4本目70.20点、5本目77.52点、6本目73.47点となり、計384・09点で、中国に次ぐ2位で予選を突破。上位12組による決勝に進出した(同13日の20時45分)。

トップの中国ペアは計447.18点と約63点の大差をつけられているものの、夜の決勝で8位以内に入れば、寺内/坂井ペアの東京五輪代表内定1号が決定する。

飛板飛込の魅力

2016年リオ・オリンピック、飛板飛込の公式PVを満喫するチャンス