世界水泳・韓国大会4日目:女子アーティスティックスイミングソロフリー、乾友紀子が決勝進出

日本の乾友紀子が銅メダルを獲得した
日本の乾友紀子が銅メダルを獲得した日本の乾友紀子が銅メダルを獲得した

韓国・光洲で開催中の水泳の世界選手権で15日、アーティスティックスイミング女子ソロフリールーティンの予選が行われ、日本からは乾友紀子が出場した。

予選には32選手が出場し、上位12選手が決勝に進出できる。乾は92.5667点の3位で決勝進出を決めた。

トップ通過はロシアのSvetlana・Romashinaの96.4667点、 2位はスペインのOna・Carbonellの93.8333となっている。決勝は17日の19時から行われる予定。

乾は13日に行われたソロテクニカルルーティンに続いてメダル獲得なるか注目される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!