カーリング

世界男子カーリング選手権4日目、日本は韓国とドイツに勝利...通算6勝1敗で2位タイに

通算6勝1敗で2位タイにつけている日本(写真は平昌五輪のもの)

カナダのアルバータ州レスブリッジで行われている世界男子カーリング選手権は、現地時間4月2日に大会4日目が行われ、日本代表の北海道コンサドーレ札幌は韓国代表、ドイツ代表に勝利し、通算6勝1敗とした。

セッション9で韓国と対戦したコンサドーレ札幌は、序盤にリードを許すも、終盤に逆転。しかし、最終第10エンドで同点に追いつかれ試合は延長に。延長の第11エンドに1点を奪ったコンサドーレ札幌が8-7で韓国を退けた。

日本はセッション11でも、6-4でドイツに勝利。通算6勝1敗とし、スイス、スウェーデンと同率で2位タイに立っている。

大会5日目の3日、日本は全勝で首位に立っているカナダ、そして7位のスコットランドと対戦する。