世界男子カーリング選手権8日目、コンサドーレは準決勝敗退で3位決定戦へ

コンサドーレは日本時間4月8日、スイスとの3位決定戦へ
日本のコンサドーレに圧勝した前大会覇者のスウェーデン。前年の決勝と同じ相手カナダと対戦する
日本のコンサドーレに圧勝した前大会覇者のスウェーデン。前年の決勝と同じ相手カナダと対戦する日本のコンサドーレに圧勝した前大会覇者のスウェーデン。前年の決勝と同じ相手カナダと対戦する

男子カーリングの世界選手権は現地時間4月6日、カナダのレスブリッジで行われ、日本代表の北海道コンサドーレ札幌は、準決勝でスウェーデンに敗れた。コンサドーレは7日の3位決定戦に回る。

プレーオフで平昌冬季五輪金メダルのアメリカを7-6で撃破した日本代表コンサドーレは、前年度覇者のスウェーデンとの準決勝に駒を進めた。しかし、スウェーデンがスキルの高さを見せつける形で、第1、4、7エンドでポイントを加算。劣勢のコンサドーレは、リズムを戻しきれず、第8エンドにダメ押しの1点を追加され敗北を認めた。

コンサドーレは、明日、3位決定戦でスイスと対戦する。決勝は、前年度大会と同じ組み合わせとなる、スウェーデン対カナダとなった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!