世界距離別スピードスケート選手権:日本が女子団体追い抜きで世界新、小平奈緒は女子500mで優勝

女子団体追い抜き、日本が世界新で優勝(写真は平昌五輪)
女子団体追い抜き、日本が世界新で優勝(写真は平昌五輪)女子団体追い抜き、日本が世界新で優勝(写真は平昌五輪)

現地時間2月14日、ISU(国際スケート連盟)世界距離別スピードスケート選手権大会2日目がアメリカ・ユタ州のソルトレークシティで行われ、日本は女子団体追い抜きで2分50秒76の世界新記録で優勝した。高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃は、2017年12月に樹立した世界記録を0秒11更新して、2年連続3度目の世界一となった。

女子500メートルは平昌五輪金メダルの小平奈緒が36秒69で2017年以来2度目の優勝を果たした。郷亜里砂は37秒577で12位、辻麻希は37秒697で15位だった。

男子500メートルは新浜立也が34秒03で3位に入ったほか、山中大地が34秒068で5位、村上右磨が34秒529で14位。男子1万メートルは土屋良輔が自身の日本記録を14秒69更新する12分55秒62で5位に入っている。

世界距離別スピードスケート選手権2日目結果

【男子1万m】

1位.グラーメ・フィッシュ(カナダ) 12分33秒868

2位.テッドヤン・ブルーメン(カナダ) 12分45秒010

3位.パトリック・ベッカート(ドイツ) 12分47秒934

5位.土屋良輔(日本) 12分55秒623

【女子団体追い抜き】

1位.日本 2分50秒766

2位.オランダ 2分52秒656

3位.カナダ 2分53秒628

【男子500m】

1位.パヴェル・クリズニコフ(ロシア) 33秒727

2位.ルスラン・ムラショフ(ロシア) 33秒995

3位.新浜立也(日本) 34秒035

5位.山中大地(日本) 34秒068

14位.村上右磨(日本) 34秒529

【女子500m】

1位.小平奈緒(日本) 36秒692

2位.アンジェリーナ・ゴリコワ(ロシア) 36秒741

3位.オルガ・ファトクリナ(ロシア) 36秒789

12位.郷亜里砂(日本) 37秒577

15位. 辻麻希(日本) 37秒697

ISU公式ホームページ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!