スピードスケート

世界距離別スピードスケート選手権:高木菜那が女子3000mで13位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
女子3000mで13位だった高木菜那(写真は平昌五輪でのもの)

現地時間2月13日、ISU(国際スケート連盟)世界距離別スピードスケート選手権大会がソルトレークシティ(アメリカ・ユタ州)で開幕。初日は男子3000メートル、女子5000メートル、男女チームスプリントが行われた。平昌五輪マススタート、チームパシュート金メダリストの高木菜那は女子3000メートルで13位だった。

女子3000メートルには、平昌オリンピックでマススタートとチームパシュートで金メダルを獲得した高木菜那、酒井寧子が日本から出場した。高木は4分3秒365で13位、酒井は4分7秒234で18位だった。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が3分54秒252で6度目の優勝を飾った。

男子5000メートルでは、土屋良輔が6分16秒320で13位、一戸誠太郎が6分18秒409で14位だった。優勝はテッドヤン・ブルーメン(カナダ)。男子チームスプリントの日本(村上右磨、松井大和、山田将矢)は1分19秒595で4位。女子チームスプリントの日本は出場していない。

世界距離別スピードスケート選手権1日目結果

【男子5000m】

1位.テッドヤン・ブルーメン(カナダ) 6分4秒375
2位.スベン・クラマー(オランダ) 6分4秒918
3位.グラーメ・フィッシュ(カナダ) 6分6秒328

13位.土屋良輔(メモリード) 6分16秒320
14位.一戸誠太郎(ANA) 6分18秒409

【女子3000m】

1位.マルティナ・サブリコバ(チェコ) 3分54秒252
2位.カーリーン・アクトルレクト(オランダ) 3分54秒924
3位.ナタリア・ボロニナ(ロシア) 3分55秒540

13位.高木菜那(日本電産サンキョー) 4分3秒365

18位.酒井寧子(富士急) 4分7秒234

【男子チームスプリント】

1位.オランダ 1分18秒187
2位.中国 1分18秒533
3位.ノルウェー 1分19秒545
4位.日本 1分19秒595

【女子チームスプリント】

1位.オランダ 1分24秒029
2位.ロシア 1分24秒509
3位.ポーランド 1分25秒378

ISU公式ホームページ