世界陸上ドーハ日本代表追加発表:男子100m桐生祥秀、小池祐貴、100mH日本新の寺田明日香ら

日本陸上競技連盟(JAAF)は9月11日、27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される第17回世界陸上競技選手権大会(世界陸上2019ドーハ)に出場する日本代表選手の追加発表(男子23名・女子9名)を行った。

男子100メートル走には、すでに内定を得ていたサニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大学)に加え、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)が出場。男子200m走には小池、山下潤(筑波大学)、白石黄良々(セレスポ)、男子400m走にはウォルシュ・ジュリアン(富士通)が出場する。4×100mリレーのメンバーには、多田修平(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)が名を連ねた。

男子100メートル走に出場する桐生祥秀
男子100メートル走に出場する桐生祥秀男子100メートル走に出場する桐生祥秀

そのほか、8月のアスリートナイトゲームズイン福井で男子走り幅跳びの日本記録を更新した城山正太郎(ゼンリン)、9月の富士北麓ワールドトライアルで女子100mハードル走の日本記録を更新した寺田明日香(パソナグループ)らが選ばれた。一方、男子3000m障害の塩尻和也(富士通)は、右膝じん帯損傷の疑いがあると診断されたため、出場を辞退した。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!