【世界陸上2019】ドーハ大会9日目|リレー侍は400Mリレーで銅メダル獲得!

アジア新記録で銅メダルを獲得したリレー侍
アジア新記録で銅メダルを獲得したリレー侍アジア新記録で銅メダルを獲得したリレー侍

現地時間の10月5日、2019年世界陸上競技大会ドーハ大会は9日目を迎えた。この日、男子4×100m(400m)リレー決勝に出場した日本代表“リレー侍”(多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキーム)は37秒43で銅メダルを獲得した。

前日の男子4×100m(400m)リレー予選で全体3位のタイムを記録した日本は、不調の小池祐貴に代わり多田修平が第一走者となり、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームのメンバーで決勝に臨んだ。土壇場での起用となった多田が勢いをつくると、アジア新記録となる37秒43をマークし、銅メダルを獲得した。日本は同種目において2大会連続での3位となった。

また、この日は女子5000m決勝と男子マラソンも行われた。女子5000m決勝に進んだ田中希実が15分00秒01と日本歴代2位のタイムを出し、14位に入った。男子マラソンには、山岸宏貴、川内優輝、二岡康平がエントリー。山岸は2時間16分43秒で25位、川内は2時間17分59秒で29位、二岡が2時間19分23秒で37位だった。

東京五輪代表選考大会のMGCを避けてドーハを選択した川内だったが、想定していた高湿度にならず、レース展開についていけなかった。

世界陸上2019の注目選手一覧はこちら:

2019 IAAF世界選手権:大会を楽しむために知っておくべき情報

日本人選手の詳細情報はこちら:

世界陸上ドーハ2019:日本代表選手を紹介 | 日本選手団の金メダル獲得なるか?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!