五輪の巨大シンボルがお台場海浜公園に登場 24日に披露イベント

1月17日(金)、五輪の巨大シンボルが東京・お台場海浜公園の会場に設置された。

シンボルは朝5時に横浜市の造船会社を出発し、8時頃にお台場海浜公園に設置された。今回の設置は、五輪の祝福ムードの演出と、東京の街をドレスアップする目的で行われた。

シンボルの幅は32.6m、高さは15.3mとなっている。正式なお披露目は東京オリンピック開幕のちょうど半年前となる1月24日に行われ、花火や照明によって華やかに演出される予定。

また、春には高尾山の山頂にも幅3メートル、高さ1.8メートル程のシンボルが設置され、6月からは羽田空港と成田空港の国際線到着ロビー、代々木公園にもモニュメントが設置される。

都庁と上野公園には大会マスコットのソメイティとミライトワの像が置かれる予定だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!