五輪聖火リレーの到着式は宮城で開催…野村忠宏氏と吉田沙保里氏が参加へ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
ギリシャで採火された聖火は3月20日に到着する

Tokyo 2020(東京五輪)の聖火到着式は、3月20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地で行われる。3月12日にギリシャの古代オリンピア市で採火された聖火は、ギリシャ国内で聖火リレーを実施した後、3月19日にギリシャ・アテネのパナシナイコスタジアムで引継式を実施、聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”にて3月20日に松島基地に到着する。

聖火到着式スペシャルゲストは?

到着式ではアテネ五輪金メダリストの野村忠宏氏と吉田沙保里氏が聖火を格納したランタンを持って特別輸送機から降機し、ステージ上で聖火皿への点火を行う。その他に、ブルーインパルスによるカラースモークでの「オリンピックシンボル」展示飛行、航空自衛隊航空中央音楽隊による東京2020オリンピック聖火リレー公式BGM「Hope Lights Our Way」の演奏なども行われる予定。一般の方の入場・観覧はできない。3月20日の聖火到着式が終わると、宮城、岩手、福島の3県での「復興の火」の展示を経て、日本国内での聖火リレーが始まる。

聖火到着式のスケジュールと場所

  • 日時:2020年3月20日(金)11:00~11:50(予定)
  • 場所:航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市矢本板取85)