野球

侍ジャパンと対戦するアメリカ代表ってどんなチーム?|プレミア12代表メンバー、放送予定・テレビ中継

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
今大会で優勝を狙うアメリカ代表

日本時間11月3日から開幕した「世界野球WBSCプレミア12」で、日本代表"侍ジャパン"は1次リーグを突破し、2次リーグ「スーパーラウンド」に進んだ。ここでは、11月12日(火)に行われるスーパーラウンド第2戦の相手となるアメリカ代表の選手、試合の放送予定などを紹介する。

アメリカ代表のメンバー

<投手>

  • 3 クレイトン・アンドリュース(右投右打)
  • 8 ペン・マーフィー(右投右打)
  • 16 ケイレブ・シールバー(左投右打)
  • 21 タイラー・ジョンソン(右投右打)
  • 27 ジョナサン・フェイレイゼン(右投右打)
  • 29 パーカー・ダンシー(右投右打)
  • 31 ターナー・ハック(右投右打)
  • 32 ブランドン・ディクソン(右投右打)
  • 33 ダニエル・ティーロ(左投両打)
  • 36 ワイアット・ミルズ(右投右打)
  • 37 ノア・ソン(右投右打)
  • 38 クレイトン・リチャード(左投左打)
  • 43 ブライアン・フリン(左投左打)
  • 44 コーディー・ポンセ(右投右打)
  • 50 ブルックス・パウンダース(右投右打)

<捕手>

  • 10 ドールトン・バーショー(右投左打)
  • 14 エリック・クラッツ(右投右打)
  • 17 テイラー・グシュー(右投両打)

<内野手>

  • 1 ジェイコブ・クロネンワース(右投左打)
  • 2 コナー・チャッタム(右投右打)
  • 5 サビエル・エドワーズ(右投右打)
  • 12 アンドリュー・ボーン(右投右打)
  • 15 ロバート・ダルベック(右投右打)
  • 23 アレク・ボーム(右投右打)

<外野手>

  • 4 マーク・ペイトン(左投左打)
  • 11 ドリュー・ウォーターズ(右投両打)
  • 22 ジョー・アデル(右投右打)
  • 35 ブレント・ロッカー(右投右打)

アメリカ代表について

野球のアメリカ代表は2019年11月現在、世界ランキングは2位で、前回のプレミア12では準優勝。8月に新監督に就任したはずのジョー・ジラルディが今大会直前に辞任するなどの混乱があったものの、1次リーグA組でドミニカ共和国とオランダに持ち前の長打力で勝利し、スーパーラウンド進出を決めた。

各国同様に現役メジャーリーガーを欠くなか、マイナーの有望株を中心にメジャー通算68勝を挙げているクレイトン・リチャードや、日本でプレーしているブランドン・ディクソンらベテランでメンバーを構成している。今まで日本代表と幾度も名勝負を繰り広げており、前回大会の雪辱を期すアメリカは、2次リーグでも特に警戒が必要なチームである。

ベテランとしての働きが注目されるクレイトン・リチャード

注目選手

クレイトン・リチャード(投手/左投左打)

1983年9月12日生まれ。サンディエゴ・パドレス時代に2回、14勝を挙げるなどメジャー通算68勝の実績を持つ。140キロ中盤のストレートを軸にチェンジアップ、カーブなどの変化球を交える投球を特徴としている。メジャー通算の奪三振率は低く、典型的なグラウンドボールピッチャーである。ベテランとしてプルペンの精神的支柱としても期待される。

ジョー・アデル(外野手/右投右打)

1999年4月8日生まれ。今季はマイナーでプレーして打率.289、本塁打10本を記録した。今大会でも、打率.308、本塁打1本、打点3をマークし、アメリカの打線の中心を担う。MLBのプロスペクトランキングで全体5位に入っており、米球界で今最も注目されている選手のひとりだ。

今大会で打線の中心を担うアデル

WBSCプレミア12・日本vsアメリカの日程&放送予定

11月12日(火):日本vs アメリカ 19:00試合開始

<地上波>

<ネット放送>