侍ジャパンと対戦するカナダ代表ってどんなチーム?|カナダ代表メンバー、放送日程・テレビ中継

侍ジャパンと戦うカナダ代表を紹介する
侍ジャパンと戦うカナダ代表を紹介する侍ジャパンと戦うカナダ代表を紹介する

日本時間11月3日(日)に開幕する「世界野球WBSCプレミア12」を前に、日本代表は10月31日(木)・11月1日(金)に沖縄・那覇でカナダ代表と強化試合を行う。最後の実戦練習相手となるカナダ代表の選手、試合の放送予定などを解説する。

カナダ代表のメンバー

<投手>

17 フィリップ・オーモン(オタワ)
19 ダニエル・プロコピオ(エンゼルス※)
24 ブランドン・マルクルンド(ロイヤルズ※)
27 ジャスビル・ラッカー(無所属)
30 ロバート・ザストリズニー(ドジャース※)
32 エヴァン・ラッツキー(オタワ)
35 ダスティン・モレケン(ケベック)
47 スコット・マシソン(読売ジャイアンツ)
48 リッチモンド(ケベック)
49 ディラン・ロー(ランカスター)
52 クリストファー・ラルー(無所属)
55 ブロック・ダイクソーン(ロッテ・ジャイアンツ)

<捕手>

15 アンドリュー・ヤージ(ダイヤモンドバックス※)
22 ケリン・デグラン(ヤンキース※)
31 ダスティン・ホール(メッツ※)

<内野手>

11 ジョナサン・マロ(ケベック)
14 エリク・ウッド(パイレーツ)
18 ウェス・ダーヴィル(ウィニペグ)
37 ジョーダン・レナート(無所属)
38 チャールズ・ルブラン(レンジャーズ※)

<外野手>

21 マイケル・サンダース(無所属)
23 レネ・トソニ(無所属)
25 ダルトン・ポンペイ(ブルージェイズ※)
26 トリスタン・ポンペイ(マーリンズ※)
28 コナー・パナス(ケベック)
44 ガレス・モーガン(エンゼルス※)
45 デミ・オリモロエ(ブルージェイズ※)

※はマイナーチーム

カナダは野球の盛んな国

野球大国アメリカと国境を接するカナダはメジャーリーグのトロント・ブルージェイズや、いくつかの独立リーグを有する野球文化の盛んな国。現在の世界ランキングは10位で、2004年のアテネ五輪では日本代表と3位決定戦を戦い、4位で大会を終えた。

メジャーリーグで活躍するカナダ人選手も多く、代表的な現役選手はジョーイ・ボット(レッズ)、フレディ・フリーマン(ブレーブス)など。(いずれもプレミア12は不参加)。

2019年まで巨人に所属していたカナダ代表マシソン 今後は代表での活動に専念し東京五輪を最後に現役引退の意向
2019年まで巨人に所属していたカナダ代表マシソン 今後は代表での活動に専念し東京五輪を最後に現役引退の意向2019年まで巨人に所属していたカナダ代表マシソン 今後は代表での活動に専念し東京五輪を最後に現役引退の意向

注目は巨人のマシソン

カナダ代表には読売ジャアンツでプレーし、NPBの外国人最多ホールド記録を持つマシソンがメンバー入り。マシソンは今季限りでの巨人退団を発表しており、2020年の東京五輪にカナダ代表選手として出場すること、それを引退の場とすることを表明している。最後の挑戦に向かうマシソンの活躍に注目だ。

侍ジャパン強化試合・日本vsカナダの放送予定

■第1戦の試合日程

10月31日(木)19:00プレイボール

■第1戦の放送局/配信サービス

■第2戦の試合日程

11月1日(金)19:00プレイボール

■第2戦の放送局/配信サービス

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!