侍ジャパンと対戦するメキシコ代表ってどんなチーム?|プレミア12代表メンバー、放送予定・テレビ中継

NPBに関わる選手が多数招集されたメキシコ代表
NPBに関わる選手が多数招集されたメキシコ代表NPBに関わる選手が多数招集されたメキシコ代表

日本時間11月3日に開幕した「世界野球WBSCプレミア12」で日本代表はオープニングラウンドを突破し、2次リーグ「スーパーラウンド」に進んだ。ここでは、11月13日(水)に行われる侍ジャパンのスーパーラウンド第3戦の相手となるメキシコ代表の選手、試合の放送予定などを紹介する。

メキシコ代表のメンバー

<投手>

  • 12 ヘスス・リオス(右投右打)
  • 17 ジャスティン・ケリー(左投左打)
  • 22 ブレナン・ベルナルディーノ(左投左打)
  • 36 アルトゥーロ・レイエス(右投右打)
  • 38 フェリペ・ゴンザレス(右投右打)
  • 43 ヘスス・クルーズ(右投右打)
  • 46 カルロス・ブスタマンテ(右投右打)
  • 50 マヌエル・バレーダ(右投右打)
  • 59 フェルナンド・サラス(右投右打)
  • 62 ホラシオ・ラミレス(左投左打)
  • 66 アダム・キンタナ(右投右打)
  • 69 ブラヤン・ベルドゥーゴ(右投右打)
  • 72 エドゥアルド・ベラ(右投右打)
  • 93 ウンベル・カステヤノス(右投右打)

<捕手>

  • 19 ヘスス・アライサ(右投右打)
  • 44 ロマン・ソリス(右投右打)
  • 54 ウンベルト・ソーサ(右投右打)

<内野手>

  • 1 ホルヘ・フローレス(右投右打)
  • 2 ハビエル・サラサル(右投左打)
  • 8 ヘスス・キロス(右投右打)
  • 13 ホセ・バルガス(右投右打)
  • 24 エフレン・ナバーロ(左投左打)
  • 28 フィリプ・エバンス(右投右打)
  • 31 マット・クラーク(右投左打)

<外野手>

  • 27 ジョナサン・ジョーンズ(右投右打)
  • 39 ファン・ペレス(右投左打)
  • 75 デレク・ペリオ(右投右打)

メキシコ代表について

今大会時点で世界ランキング6位のメキシコは、プレミア12前回大会では侍ジャパンに敗れて4位だった。今大会はアメリカ・ドミニカ共和国・オランダという「死の組」に入るも、全勝での首位通過を果たした。

代表メンバーのなかには、阪神タイガースのエフレン・ナバーロや元中日ドラゴンズのマット・クラークなど日本に馴染みのある選手が並ぶ。また、エンゼルスなどで450試合以上に登板したフェルナンド・サラスやメジャーで2桁勝利を2度経験しているホラシオ・ラミレスら実績十分な選手も招集した。

オープニングラウンドで24得点を挙げた攻撃力と、多彩な投手を継投する戦い方が特徴。侍ジャパンとは今年3月に強化試合を行って1勝1敗の結果を残しており、スーパーラウンドでも油断ならない相手となることは確実だ。

注目選手

フェルナンド・サラス(投手/右投右打)

1985年5月30日生まれ。最速150キロを超える直球を軸にチャンジアップと縦のスライダーで三振を取るスタイルを特徴とする。メジャーでは今まで450試合以上に登板、WBCにも過去2大会に招集されるなど各チームの指揮官に信頼されている。今大会でも、オランダを相手に9球でスリーアウトを取り、実力が衰えていないことを証明した。

エフレン・ナバーロ(内野手/左投左打)

1986年5月14日生まれ。左打ちの中距離打者で広角に打ち分けるバッティングを得意としている。前回のWBCでは9打数4安打、今大会でも打率.333をマークし国際舞台を苦にしていない。また、2018年からNPBで阪神タイガースに所属することから日本人投手に慣れており、侍ジャパンにとっては要注意人物となる。

安定感抜群のリリーフ フェルナンド・サラス
安定感抜群のリリーフ フェルナンド・サラス安定感抜群のリリーフ フェルナンド・サラス

WBSCプレミア12・日本vsメキシコの日程&放送予定

11月13日(水):日本vsメキシコ 19:00試合開始

<地上波>

<ネット放送>

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!