侍ジャパン・稲葉篤紀監督が日本ハムと中日のキャンプを視察

侍ジャパンの稲葉篤紀監督
侍ジャパンの稲葉篤紀監督侍ジャパンの稲葉篤紀監督

2月3日、Tokyo2020(東京五輪)に出場する野球日本代表”侍ジャパン”の稲葉篤紀監督が、沖縄県で行われている北海道日本ハムファイターズ、中日ドラゴンズの春季キャンプを視察した。視察後のインタビューでは、代表選手選考のポイントなどについて語った。

最初に視察したのは、稲葉監督の古巣でもある日本ハム。栗山英樹監督や小笠原道大ヘッドコーチ兼打撃コーチとあいさつを交わしたほか、昨年11月の「プレミア12」日本代表メンバー、近藤健介らの練習の様子を確認した。

次に訪れた中日のキャンプでは、ブルペンで大野雄大の投球を視察した。野手では高橋周平らの状態をチェック。高橋について稲葉監督は、「候補選手として見ていたが、昨年は怪我をしてしまった。今年はここまで順調ということで気になっている」と話した。代表選手選考のポイントについては、「(ポイントになるのは)気持ち。ジャパンに対する思いをしっかり持った選手と戦いたい」とコメントした。

登録可能な代表枠は「プレミア12」が28人だったのに対して東京五輪では24人となり、必然的に代表選考はよりシビアになる。

東京オリンピック:野球の競技日程

オープニングラウンド:7月29日~8月1日

ノックアウトステージ:8月2日~8月8日

決勝戦:8月8日19時00分試合開始(横浜スタジアム)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!