フィギュアスケート

全日本フィギュアスケート選手権・男子シングル:宇野昌磨が逆転で4連覇…羽生結弦は2位

文: 渡辺文重 ·

第88回全日本フィギュアスケート選手権は12月22日、大会最終日を迎えた。男子フリースケーティングは、20日のショートプログラムで2位だった宇野昌磨(トヨタ自動車)が184.86点を記録。SPで首位に立った羽生結弦(ANA)を逆転して大会4連覇を達成した。羽生は総合2位。

全日本4連覇達成の宇野昌磨

東京・代々木第1体育館で開催された全日本フィギュアスケート選手権。会場をひときわ沸かしたのは、18番目に滑走した鍵山優真(星槎国際高等学校横浜)だった。SPは77.41点で7位だったが、FSでは4回転+2回転トーループを成功させるなど、180.5点を記録。16歳の全日本ジュニア王者が暫定で総合トップに立つ。

鍵山を上回ったのは最後から2番目、23番滑走の宇野だった。4回転フリップや4回転+2回転トーループを成功して184.86点を記録。合計290.57点で首位に立つ。続く最終滑走の羽生は、4回転ループや4回転トーループなどで出来栄え点(GOD)がマイナスとなり、172.05点。合計282.77点で宇野に及ばず、2位で大会を終えた。2020年からアイスダンスに転向する髙橋大輔(関西大学KFSC)は12位となっている。

男子シングルの最終結果(FSを滑走した23人)は以下の通り。

  1. 宇野昌磨(トヨタ自動車)290.57
  2. 羽生結弦(ANA)282.77
  3. 鍵山優真(星槎国際高等学校横浜)257.99
  4. 田中刑事(倉敷芸術科学大学)252.44
  5. 佐藤 駿(埼玉栄高校)246.50
  6. 友野一希(同志社大学)244.69
  7. 山本草太(中京大学)220.49
  8. 須本光希(関西大学)220.28
  9. 佐藤洸彬(南部美人)215.23
  10. 島田 高志郎(木下グループ)212.24
  11. 本田ルーカス剛史(綾羽高校スケート部)209.96
  12. 髙橋大輔(関西大学KFSC)204.31
  13. 日野龍樹(中京大学)202.73
  14. 木科雄登(金光学園)198.77
  15. 山隈 太一朗(明治大学)194.01
  16. 中村 優(関西大学)193.39
  17. 鈴木 潤(北海道大学)189.30
  18. 櫛田一樹(関西学院大学)187.38
  19. 吉岡 希(アクアピアスケーティングクラブ)180.62
  20. 渡邊純也(関西学院大学)180.38
  21. 山田耕新(SMBC)173.35
  22. 本田太一(関西大学)173.08
  23. 山本恭廉(アテナ豊橋FSC)150.06