全日本卓球:早田ひな、五輪内定勢を破り2冠…宇田幸矢、張本智和を下して初V

天皇杯・皇后杯全日本卓球選手権大会は19日、大会最終目を迎えた。この日は男子と女子のシングルス準決勝・決勝を実施。男子は張本智和を破った宇田幸矢が、女子は3連覇を狙う伊藤美誠、石川佳純というTokyo 2020(東京五輪)内定者を破った早田ひなが、それぞれ初優勝を飾った。

全日本初優勝の早田ひな(写真はITTFワールドツアー2018ライオン卓球ジャパンOP)
全日本初優勝の早田ひな(写真はITTFワールドツアー2018ライオン卓球ジャパンOP)全日本初優勝の早田ひな(写真はITTFワールドツアー2018ライオン卓球ジャパンOP)

1月13日に丸善インテックアリーナ大阪で開幕した全日本卓球は19日、7日日を迎えた。

女子シングルス準決勝第1試合では、18日に女子ダブルスで大会3連覇を達成したペア同士、伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)の対戦となった。試合は早田が2ゲームを先取する。伊藤も第3ゲームから連取して反撃。勝負は最終ゲームにもつれ込む。最後は早田の強打が勝り、ゲームカウント4-3(11-9、11-7、6-11、9-11、12-10、4-11、11-7)で早田に軍配が上がった。伊藤は混合ダブルス(森薗政崇[BOBSON])、女子ダブルスに続く大会3冠とはならなかった。

同準決勝第2試合では、石川佳純(全農)が橋本帆乃香(ミキハウス)に4-1(11-13、11-8、14-12、11-9、11-4)で勝利を収める。同決勝、早田はサーブと強烈なフォアハンドで、石川を相手に主導権を握る。試合は4-1(11-7、11-9、11-4、9-11、11-8)で早田が勝利。女子ダブルスに続き、大会2冠を達成した。

男子シングルス準決勝第1試合では、東京五輪出場内定の張本智和(木下グループ)と戸上隼輔(山口・野田学園高校)が対戦。張本は第1ゲームを取るも、その後、3ゲームを連続で落として追い込まれる。しかし、第5ゲームから3連取。4-3(11-4、9-11、7-11、7-11、11-7、11-8、11-9)で辛くも決勝進出を果たす。

同準決勝第2試合では、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が吉田雅己(FPC)に4-2(8-11、11-6、11-8、9-11、12-10、11-9)で、勝利を収める。同決勝では、宇田が2ゲームを先取。ゲームカウント3-1と、2大会ぶり二度目の優勝を目指す張本を追い詰める。張本はここから2ゲームを連取。しかし最終ゲームを落とし、宇田が4-3(13-11、11-9、8-11、12-10、11-13、6-11、11-9)で決勝を制した。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!