全日本卓球2日目:混合複・森薗政崇&伊藤美誠、張本智和&長﨑美柚が8強進出

天皇杯・皇后杯全日本卓球選手権大会が1月13日、丸善インテックアリーナ大阪で開幕。大会2日目の14日は、混合ダブルス3~4回戦、女子シングルス1回戦、男子ダブルス1~2回戦、女子ダブルス1~2回戦、ジュニア男子2~3回戦、ジュニア女子3回戦が行われ、伊藤美誠らが出場した。

長﨑美柚とのペアで混合ダブルス優勝を目指す張本智和(写真はITTF[国際卓球]団体ワールドカップ2019東京)
長﨑美柚とのペアで混合ダブルス優勝を目指す張本智和(写真はITTF[国際卓球]団体ワールドカップ2019東京)長﨑美柚とのペアで混合ダブルス優勝を目指す張本智和(写真はITTF[国際卓球]団体ワールドカップ2019東京)

大会2連覇中の混合ダブルス、森薗政崇(BOBSON)&伊藤美誠(スターツ)ペアは3回戦で中村廉(原田鋼業)&庄司有貴(中国電力)ペアと対戦、2ゲームを先取する。第3、第4ゲームは落とすも、第5ゲームで勝利を収め、3-2(11-5、11-5、10-12、4-11、11-4)で白星を挙げた。4回戦は大澤祐貴(埼玉工業大学)&川北帆香(埼玉・正智深谷高校)ペアを3-0(11-3、11-6、11-9)で退け、15日の準々決勝に進出した。

混合ダブルス前回準優勝の張本智和(木下グループ)&長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアは、3回戦で大西尚弥&小脇瑞穂(ともに関西学院大学)と対戦。3-2(10-12、11-6、11-6、8-11、11-6)で辛くも白星。4回戦は、時吉佑一(流山アストロズ)&小林光優(千葉・木更津総合高校)に3-0(11-5、11-6、11-7)で勝利を収めた。

混合ダブルストーナメント表

女子シングルスは1回戦がスタート。Tokyo 2020(東京五輪)出場が内定している伊藤、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)は、16日の4回戦から出場する。

女子ダブルスは1~2回戦を実施。伊藤・早田ひな(日本生命)ペアは16日の4回戦から出場する。石川、平野は、この種目にエントリーしていない。

男子ダブルスは1~2回戦を実施。東京五輪内定の水谷隼は、大島祐哉(木下グループ)とのペアで、16日の4回戦から出場する。東京五輪内定の張本と森薗は、この種目にエントリーしていない。

15日は男子シングルス1~3回戦、女子シングルス2~3回戦、男子ダブルス3回戦、女子ダブルス3回戦、混合ダブルス準々決勝、ジュニア男子4~5回戦、ジュニア女子4~5回戦が行われる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!