全柔連、世界柔道・東京大会で無料場内音声解説を実施:柔道界初のサービス

全日本柔道連盟は7月30日、PARK24 GROUP presents 2019世界柔道選手権東京大会において、柔道界初となる「無料場内音声解説サービス」を実施すると発表した。世界柔道は8月25日から9月1日まで、日本武道館で開催される。

無料場内音声解説サービスは、アイ・オー・データ機器による音声特化のライブ配信サービス「PlatCast」を利用。来場者は会場内でスマートフォンなどを使い、専用ページにアクセスすることで、解説が聞ける。解説は、予選ラウンド開始から決勝ラウンド終了まで実施される予定だ。

解説者には、ロンドン五輪57キロ級の金メダリスト・松本薫氏やリオデジャネイロ五輪70キロ級の金メダリスト・田知本遥氏などが起用される。

リオ金メダルの田知本遥氏が試合解説
リオ金メダルの田知本遥氏が試合解説リオ金メダルの田知本遥氏が試合解説

松本氏は「1人でも多くの方に、柔道を楽しめるように解説したいと思います」、田知本氏は「柔道が皆さんの身近な“見るスポーツ”になり、1人でも多くの方がまた来たいなと思ってくださるように、柔道の奥深さや魅力を伝えられるように頑張ります」とコメントしている。

世界柔道は、Tokyo 2020(東京五輪)の日本代表を選考する上で、重要な大会となっている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!