全米OP、混合複はJ・マレー/マテック=サンズ組が連覇…J・マレーは3年連続優勝

全米OP、混合複で連覇を果たしたJ・マレー/マテック=サンズ組
全米OP、混合複で連覇を果たしたJ・マレー/マテック=サンズ組全米OP、混合複で連覇を果たしたJ・マレー/マテック=サンズ組

テニスのグランドスラム大会、全米オープンの混合ダブルスで、ジェイミー・マレー(イギリス)/ベサニー・マテック=サンズ(アメリカ)組が大会連覇を果たした。

ワイルドカードで出場したJ・マレー/マテック=サンズ組だったが、2回戦で第5シードのペアを破ると、3回戦では第2シードのマテ・パビッチ(クロアチア)/ガブリエラ・ダブロフスキ(カナダ)組とファイナルセットにもつれ込みながらも勝利。

そこからは決勝までの全試合ストレート勝ちで、J・マレー/マテック=サンズ組は2018年大会に続く連覇を果たした。

J・マレーは2017年大会にマルチナ・ヒンギス(スイス)と組んでミックスダブルスで優勝しており、J・マレーは全米OPにおいて混合ダブルスを3連覇した形になる。

同選手は男子シングルスの元世界ランキング1位アンディ・マレーの実兄であり、ダブルスの名手としても有名。グランドスラム大会においては男子ダブルスで2度頂点に、混合ダブルスでは今大会の戴冠によって5度目のグランドスラム制覇を果たしたことになる。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!