八村塁がジャズ戦で15得点も、チームは敗北 渡邊雄太もキングス戦出場

後半戦、5戦連続で2桁得点となった八村塁。チームは敗れたが引き続き存在感を示した
後半戦、5戦連続で2桁得点となった八村塁。チームは敗れたが引き続き存在感を示した後半戦、5戦連続で2桁得点となった八村塁。チームは敗れたが引き続き存在感を示した

現地28日(日本時間29日)、NBAワシントン・ウィザーズはユタ・ジャズと対戦。八村塁はこの日も先発して15得点と自身今季最多の3スティールをマークしたが、チームは119 – 129で敗れた。

ケガからの復帰後、10戦連続での先発出場を果たした八村は、第1Q(クォーター)開始1分でレイアップを決めると、同Qではダンク1本を含むすべてのフィールドゴールを成功させ6得点。リバウンドとスティールもそれぞれ2つずつマークし、残り2分42秒で交代となった。

続く第2Q、八村は残り8分23秒、32 – 41と9点ビハインドの場面で投入。レイアップと再びのダンクで点差を縮め、この日3つめのスティールも記録した。ウィザーズはエース、ブラッドリー・ビールが3Pシュートを連続で成功させるなどして追い上げ、60 – 58の2点リードで前半を折り返した。

第3Q、八村はスタートから出場。抜きつ抜かれつの展開が続く中、フリースロー2本を含む4点を追加し、残り3分49秒までプレー。チームは終盤で差をつけられ、81 – 90と再び劣勢に追い込まれた。第4Qも出だしから出場した八村だったが、得点機に恵まれぬまま残り9分で交代。残り4分34秒、103 – 110と追い上げに苦戦している場面で再びコートインしたが、同Qは1リバウンドを記録するにとどまった。チームは絶好調のビールが42得点5リバウンド10アシストと爆発したが及ばず、10点差で敗北を喫した。

八村は最終的に32分6秒出場して15得点7リバウンドに、自身の今季最多3スティールをマーク。フィールドゴールは10本中6本、3Pシュートは2本中1本の成功だった。

なお同日、メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太もサクラメント・キングス戦に出場。第2Q出だしから4分22分プレーしフリースローを獲得したが、2本とも失敗、無得点だった。チームは101 – 104で惜敗。

ウィザーズの戦績は21勝37敗に。順位はイースタン・カンファレンス9位で変動なしだが、プレーオフ圏内の8位ブルックリン・ネッツとは5ゲーム差があり、10位シャーロット・ホーネッツは0.5ゲーム差にまで迫っている。グリズリーズは28勝31敗でウェスタン・カンファレンス8位だ。

両チームは次戦、グリズリーズが29日(日本時間3月1日)にロサンゼルス・レイカーズと、ウィザーズが1日(同2日)にゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!