【六大学野球】ドラフト1位対決の早慶戦は早稲田に軍配 早川は15K完投

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

11月7日(土)、六大学野球の早慶戦が行われ、早稲田大学は東北楽天ゴールデンイーグルスから1位指名を受けた早川隆久、慶應義塾大学は東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた木澤尚文が先発した。

ドラフト1位投手の投げ合いとあって、試合は両チーム5回までスコアボードに0が並ぶ投手戦に。6回裏に瀧澤虎太朗のタイムリーツーベースヒットで早大が先制すると、7回表に慶大も内野ゴロですかさず追いつく。その裏に早大の蛭間拓哉から2ランホームランが飛び出し、これが決勝点となって早大が3-1で勝利した。

早川は9回1失点15奪三振の圧巻の投球。木澤も7回3失点と粘りのピッチングを見せた。

あす8日の試合に早大が勝利するか引き分けで優勝が決まるが、敗れれば慶大の優勝となる。

(写真は時事)