【冬季ユースオリンピック】スノボビッグエア|浅沼妃莉が3位、奥山華波は4位で決勝進出!

文: 鈴木花 ·
浅沼妃莉は、3位で予選通過。ワールドカップで活躍する強豪たちとメダルを争う(写真:OIS/Jed Leicester)

現地時間の1月21日、スイスで開催中の『ローザンヌ2020ユースオリンピック』のスノーボードの女子ビッグエア予選が行われた。浅沼妃莉(南光学園東北高校/ムラサキスポーツ北海道)、奥山華波(新庄学園新庄東高校/STANCER)の両選手ともに決勝に進出した。

12人まで決勝に進める予選では、浅沼妃莉が1本目で76ポイント、2本目で74.33ポイントで22人中3位。奥山華波は、1本目に74ポイント、2本目に47.33ポイントで4位で続いた。

首位は、成人の女子ワールドカップで活躍しているドイツのアニカ・モーガンの89ポイント。2位は、オランダのメリッサ・ペーパーカンプが82ポイントで続く。決勝は、翌22日の現地時間14時50分(日本時間22時50分)から行われる。

【冬季ユース五輪とは?】ローザンヌ2020ユースオリンピック冬季競技大会プレビュー