【冬季ユースオリンピック】男子フィギュアスケートSPの鍵山優真は、3位スタート

現地時間の1月10日、スイスで行われている『ローザンヌ2020ユースオリンピック』の男子フィギュアスケートのショートプログラムが行われた。前日の開幕式で、代表団の旗手を務めた鍵山優真(星槎国際高横浜)は、3位スタート。

『全日本フィギュアスケート選手権』で銅メダルを獲得し、メダル候補の呼び声高い鍵山は、72.76ポイント(技術点:36.84、構成点36.92)で3位に入った。

強豪ロシア勢が、ワンツーフィニッシュを果たした。首位は、ロシアのアンドレイ・モザレフの79.72ポイント。続くダニリ・サムソノフが76.62ポイントで、12日のフリースケーティングに臨む。

演技後、コーチと採点を待つ鍵山優真(OIS/Joe Toth)
演技後、コーチと採点を待つ鍵山優真(OIS/Joe Toth)演技後、コーチと採点を待つ鍵山優真(OIS/Joe Toth)

【ユース五輪とは?】ローザンヌ2020ユース五輪に挑む日本の新星に注目! 鍵山優真ら次世代の注目選手が世界に挑む

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!