【動画】羽生結弦、ミスした4回転サルコーについて「跳べなければ意味がない」

SPで首位発進の羽生結弦だが、転倒した序盤の4回転サルコーについて、「跳べなければ意味がない」とし、構成から外すことも示唆した
SPで首位発進の羽生結弦だが、転倒した序盤の4回転サルコーについて、「跳べなければ意味がない」とし、構成から外すことも示唆したSPで首位発進の羽生結弦だが、転倒した序盤の4回転サルコーについて、「跳べなければ意味がない」とし、構成から外すことも示唆した

現地時間の9月13日、カナダで行われているフィギュアスケートの『オータムクラシックインターナショナル』男子ショートプログラム(SP)で首位飾った羽生結弦が、4回転サルコーについて演技から外す可能性を示唆した。

羽生は、SP冒頭に4回転サルコーで転倒しながらも、その後の完璧な演技で見事98.38点をマークし、1位となった。にもかかわらず、演技直後の自身のスケートに少しがっかりした様子を見せ顔をしかめた。

試合後の取材に応えた羽生は、ショートとフリーで間違いなく自分のスケートを完成させたいと話した。

そのためにも「もっと注意深くジャンプを繰り返したい」という。だからこそ、4回転サルコーのミスが自身でも許せなかったのだろう。

「サルコーどうしようかなとちょっと考えています。このまま引きずるわけにもいかないですし、跳べないものはずっと跳べない。練習で跳べても本番で跳べなければ意味がない。ジスラン(ジャンプコーチ)とも話して、構成とか変えても良いかなと思ってます」

本番となるグランプリシリーズに向けて、自身のスケートを完成形を目指す。羽生の登場する男子フリースケーティングは、日本時間9月15日の午前1:45からとなる。

大会日程は以下の通り;

9月14日(土)

  • 0:00~ 女子シングル公式練習
  • 0:15~1:15 男子シングル公式練習
  • 2:50~4:15 男子ショートプログラム
  • 4:35~7:37 女子フリースケーティング
  • 22:30~23:40 男子シングル公式練習

9月15日(日)

  • 1:45~3:50 男子フリースケーティング

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!