北海道meijiカップ最終日:渋野日向子は13位タイで凱旋勝利ならず、優勝はペ・ソンウ

体調不良などあり、厳しい場面もあったものの、笑顔で大会を終えた渋野日奈子
体調不良などあり、厳しい場面もあったものの、笑顔で大会を終えた渋野日奈子体調不良などあり、厳しい場面もあったものの、笑顔で大会を終えた渋野日奈子

日本女子ゴルフLPGAツアー第23戦「北海道meijiカップ」最終日が、北海道札幌国際カントリークラブ島松コース(6531ヤード、パー72)で行われた。2日目に9位に浮上していた渋野日向子は、調子を崩し13位タイで凱旋勝利を逃した。優勝はペ・ソンウ。

全英女子オープン制覇後からのハードスケジュールで疲労がピークにありながらも、2日目は9位に食い込み奮闘した渋野。最終日のこの日、2バーディ、2ボギー1ダブルボギーと不安定な前半を折り返すと、5バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「72」で終了。通算4アンダーの13位で終えた。

凱旋勝利とはならなかったものの、ティーオフ前に大会運営からチョコレートを受け取ったり、地元小学生のエスコートでコース入りするなど、大挙して集まったギャラリーに笑顔を振りまいた。

優勝は、2日目で首位にたったペ・ソンウ(韓国)と、2位グループで追っていたテレサ・ルー(台湾)が通算12アンダーで並び、プレーオフ決着となり、ペが1ホール目で優勝を決めた。大東建託・いい部屋ネットレディスで2位だった雪辱を晴らし、ツアー初優勝となった。

2位タイグループで出たアン・ソンジュ(韓国)は通算11アンダーの3位、一方、鈴木愛は大きく崩れ10位タイまで後退した。

渋野と同じ黄金世代の面々では、原英莉花が通算9アンダーで4位で終え、地元北海道出身の小祝さくらは通算8アンダーで5位タイに食い込んだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!