卓球パラグアイOP本戦2日目:塩見真希U21優勝、森薗政崇・橋本帆乃香・早田ひな準決へ

現地時間9月10日に開幕したITTF(国際卓球連盟)チャレンジプラス・パラグアイオープン。本戦2日目となる13日も、会場となるアスンシオンのSNDアリーナでは熱戦が繰り広げられた。

男子ダブルス準々決勝では、森薗政崇(BOBSON)がルボミール・ピシュテイ(スロバキア)とのペアで登場。アルゼンチンのペアを3-2で破ると、準決勝でもブラジル組を3-2で下し、決勝進出を決めた。

橋本帆乃香・塩見真希(ともにミキハウス)ペアは、女子ダブルス準々決勝で、アグスティナ・イワサ(アルゼンチン)ヤディーラ・シルバ(メキシコ)ペアを相手にストレート勝ちを収めた。さらに、準決勝ではイルカ・ドバル(ノルウェー)ナタリー・パレデス(エクアドル)ペアを3-0で下し、翌日の決勝に進んだ。

男子シングルス2回戦では、森薗がアレグロ・マーティン(ベルギー)を4-1で下して準々決勝にコマを進めると、チアゴ・モンテイロ(ブラジル)を4-1で破り、準決勝進出を決めた。

国際ペアでダブルスでも決勝進出の森薗政崇
国際ペアでダブルスでも決勝進出の森薗政崇国際ペアでダブルスでも決勝進出の森薗政崇

昼に行われた女子シングルス1回戦では、橋本がダブルスでも対戦したシルバを4-0で破り、夕刻に開催される準々決勝にコマを進めた。塩見は、キャロライン・クマハラ(ブラジル)に4-1で勝利。早田ひな(日本生命)はアナ・コディナ(アルゼンチン)を4-0で退けた。

男女シングルス1試合目の後に行われたU21女子シングルス決勝では、塩見が登場。ブルーナ・タカハシ(ブラジル)を3-2で下し、優勝を達成した。

ダブルス準々決勝の後に行われた女子シングルス準々決勝では、橋本と塩見が対戦。日本人対決は、4-0で橋本に軍配が上がる。早田は地元パラグアイのダニエリー・リオスを4-0で退け、準決勝進出を決めた。

大会最終日となる14日は、男女シングル準決勝および決勝、男女ダブルス決勝が行われ、男子シングルスには森薗、女子シングルスには橋本と早田、男子ダブルスには森薗・ピシュテイ組、女子ダブルスには橋本・塩見組が出場する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!